【ラファエル・ナダル】うんこちゃんの『まんが一本道〆』過去作一覧





加藤純一先生へ

加藤純一先生。初めまして、緑の雨がっぱです。

『ラファエル・ナダル』の連載お疲れ様でした。

個人的には最終話に登場したナダルの謎ライバルの正体も気になるところでしたが、人気絶頂のさなかに連載が終了してしまい、誠に残念です。

僕の部屋には『ラファエル・ナダル』の切り抜かれた箔千社のコミックOh!タカラが山のように積まれており、足の踏み場に困るようになりました。

また過去に連載された『海賊王マリク』の続編はいつ連載されるのでしょうか?まだ一話しか読めていないので、凄く展開が気になります!いつまでも待っています!

これからの益々のご活躍をお祈りしております。

 

改めまして、緑の雨がっぱです。

今回は先日放送された『漫画家になるゲームやる~まんが一本道〆~』でうんこちゃんが描いた漫画の一覧リストを作成しました。

食肉牛くん
需要あるんか?

なくても供給します。

というわけで、これを読んで今後の加藤純一先生の作品の予習をしておきましょう。

うんこちゃんの『まんが一本道〆』過去作一覧

第一作:「ばとるだんく」

設定:バトル漫画
テーマ:バスケット
舞台:教室

説明:うんこちゃんが大好きな『スラムダンク』からインスピレーションを受けた処女作。あえてタイトルをひらがなにすることで柔らかさを出した。

結果:箔千社に応募し、新人大賞を受賞。

第二作:「あなたの番ですよ。。」

設定:ミステリー漫画
テーマ:家族
舞台:アパート

説明:「ミステリーが描けたら一流」といううんこちゃんなりの持論から生まれた作品。タイトルは去年流行したドラマ『あなたの番です』を視聴者から進められ、知らずに決めてしまった。

結果:箔千社に読み切り漫画として掲載、原稿料200万円を獲得。

第三作:「海賊王マリク」

設定:バトル漫画
テーマ:モンスター
舞台:大海原

説明:二作目にミステリー漫画を描くことでファンから「アイツ変わっちまったな」という発言が出てくることを考えて、再びバトル漫画へ。鬼滅を圧倒してやると豪語していた。

結果:箔千社で連載を獲得したが、1話書き上げるのに15日かかる為、2話目を〆切に間に合わせることが出来なくなり、ファンからは「1000話まで続けて下さい…‼」とのメールが届くが無念の1話打ち切りとなった伝説の漫画。

1話「プロローブの回」 16位
2話:休載
打ち切り

うんこちゃん「富樫先生の気持ちが分かった、もう馬鹿に出来ない」

『マリク』は「ポケモンセンターマジで廃止のお知らせ金銀ver part3」にて登場したマリルリに付けた名前。彼女はのちに分身である『マリクJr』を生み出し、伝説のイブキ戦で「転がるでガウガウッ‼‼‼」を発動し後世に語り継がれる伝説の試合を繰り広げた。

第四作「青春アミーゴ」

設定:感動漫画
テーマ:ライバル
舞台:教室

説明:女に媚びる為に描いた暇つぶしのパラパラ漫画

結果:箔千社に読み切り漫画として掲載、原稿料600万円を獲得。

第五作「マリンダンク!」

設定:バトル漫画
テーマ:バスケット
舞台:大海原

説明:読み切り専用に二週間かけて執筆した作品。伝説の「海賊王マリク」のスピンオフ作品。海賊王マリクは実はバスケ選手だったという話らしい。

結果:箔千社にて読み切り漫画として掲載、原稿料150万円を獲得。

第六作「ナダルの歴史」

設定:バトル漫画
テーマ:テニス
舞台:スタジアム

説明:「古田敦也の野球史」からインスピレーションを受けて描き上げた。新幹線の移動中に読んでもらおうと中高年向けに描いたのだが、まさかの女子高生向けとなってしまった。

結果:箔千社にて読み切り漫画として掲載、原稿料200万円を獲得。とてつもない人気も獲得した。

第七作「野生の森」

設定:バトル漫画
テーマ:格闘
舞台:大海原

説明:刃牙みたいな感じを目指し加藤純一の創作意欲を満たす為に描かれた作品。素人のパラパラ漫画でもいいや、と寝ずに描いた。

結果:箔千社にて読み切り漫画として掲載、原稿料200万円を獲得。

第八作「ヲタコイ」

設定:感動作品
テーマ:オタク
舞台:会社員

説明:またしても「もう存在する」漫画を描いてしまった。

結果:

第九作「ラファエル・ナダル」

設定:バトル漫画
テーマ:テニス
舞台:スタジアム

設定:読み切りで掲載した「ナダルの歴史」が好評だった為連載用に作成。基本的にはニコ生で調べた知識をひけらかしてるだけの漫画。次は「100日後に死ぬナダル」を描くらしい。またパチスロ「CRナダル」も絶賛考案中。

結果:「いつもラファエル・ナダルだけを大事に切り抜いて他を捨てています‼」という狂信者を生み出した伝説の連載漫画となった本作品。長期連載賞も受賞し、街中で子供たちが「バモス!!」と叫ぶ怪現象も発生した。「ラファエル・ナダルのイラスト集」の話も提案されたが、うんこちゃんが誤って×ボタンを押してしまい、発売されなかった話はあまりにも有名。

1話「よくある回」11位
2話「プロローグの回」6位
3話「伏線の回」6位
(左手の矯正した話)
4話「よくある回」12位
5話「説明する回」8位
(ナダルとは‼を読者に分からせる回)
6話「説明する回」8位
7話「説明する回」7位
8話「プロローグの回」7位
(単行本二巻の序盤)
9話「伏線の回」7位
10話「伏線の回」7位
11話「伏線の回」11位
12話「無念の回」6位
13話「プロローグの回」6位
14話「平凡な回」5位
15話「プロローグの回」3位
16話「ドキドキの回」1位
17話「閑話休題の回」1位
(全仏フェデラーと戦う話)
18話「閑話休題の回」1位
(最終話にて新キャラ追加)

コミックス総売り上げ:120091冊

↓ 随時更新中 ↓

このエントリーをはてなブックマークに追加